「散骨にあこがれた」〜京都みなみ会館で観て

京都みなみ会館では、8月24日から2週間の予定でモーニング公開中です。その京都で観た方から感想メールが寄せられました。「散骨をした、とか、する、という話をいろいろな方にお聴きしていましたが、実際に散骨するところを見たことがなく、お骨って手のひらに乗せて撒くんだ、とか、『分け前』なんて慈しんでもらえるんだ、とか、友人に肉親のように掴んでもらえるんだ、って、とても散骨に憧れました。同性のお友達だけでなく、森さんのように歌で見送ってくれるような男性もそばにいて欲しいなあなどとも」(Mさん)。写真=京都みなみ会館。